ライフスタイルは変えずに、ただ「聞き流す」だけ
これが確実に英語が身につく方法!


顛末書とは

顛末書ってご存知ですか?
顛末書は、「てんまつしょ」と読みます。

顛末書とは、自分の不注意などで会社等に損害を与えたりしたときに、上司や会社に対して、その事故の経過などの一部始終を報告し、謝罪するための文書のことをいいます。 様式は特に決まっていませんが、発生の原因・経過・結末などを詳細に書きます。
顛末書は、その字のごとく、「顛(いただき)」から「末(すえ)」までの意事の最初から最後までの事情、一部始終。を書くことになります。

顛末書を書くことは、会社をクビになるのではと心配する方もいらっしゃいますが、退職ということはありません。
就業規則に規定されている「懲戒解雇」に該当する行為をした場合に解雇されますので顛末書イコール退職ではありません。

あまり、顛末書を書くことには、なって欲しくないものですが、いざという時には、必要になってくるものなので、覚えておいて損はありませんね。
タグ:           

次の記事:顛末書と始末書
顛末書の書き方関連情報